上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- | スポンサー広告 |
この前の続きです!

セリフとか曖昧な部分が多いですがそれでもいい方はどうぞ!


「もうすぐ本番始まっちゃうから着替えてもいい?」
な ま き が え (・・・)萌死
死んでも良いですか!ねえぇぇ!
舞台の左にある試着室みたいなところ(白いカーテンにかこまれてる)に入っていくマッスー。
中からライトが当たってる。
「ブータンこの曲着替えにくいよ;」
「じゃあこれは?」
ブータンがいろんな曲を流しながらマッスーが着替える。
「用意してたのこんな衣装だったけ?」
ちょっとエロイ感じの曲で赤い照明になると「イエ~ス、カモーン、ノンフィクション」とか言ってておもしろかった!
カーテンに体が時々あたったりして体のラインが見えたりして、よからぬ事まで考えそうに(・・・)
あぶないあぶない。ますだのせいだからな。ふふふ。

着替えが終わってマッスー登場。
タンクトップに迷彩のズボン、黒いブーツ。
かっこいいなあますだああああぁ
「冷蔵庫の中に良い物が入ってるから取ってきてよ!」
「なんで冷蔵庫の中にDVDが入ってるの?」
「いいから再生してみてよ」
「これすごい冷えちゃってるけど平気?壊れない?」
「大丈夫だよ!」

★トニーズブートキャンプ
トニーとマッスーの衣装が同じ!笑
「ちょっとこれ!同じじゃん!」
トニーが「マッツー、マエダ、マエカワ!」とかいろいろ名前を間違える。
マユカワのときは「マしかあってないじゃん!」
途中、疲れて椅子に座ってサボるマッスー。
トニー「マッツー、サボってないでちゃんとやれ!」
マス「なんでサボってんのわかったんだろ!?」
1・2・コマネチとか糸巻き運動とか変な運動ばっかりやらされるマッスー。
最後「ビクトリー」で終わり。
「この人達は何に勝ったんだろ?」
「よかったよ!マッスー!筋肉きれてたよー」
「それボディビルダーに言う言葉だから。俺に言われても嬉しくないよ。」

またまた生着替え(はーと)
この衣装はすっごくかわああああああいいいいいい!!!
マッスーぽい!!
「手越君にもトニーズブートキャンプ教えてあげれば?」
「でもテゴマスはほとんど動かないからね。」
「マッスーは手ぱたぱたしてるだけだもんね。」

テゴマス結成の話に。
「手越君とはどうやって一緒に歌うことになったの?」
最初、先輩のバックで歌わされてもらったり、ジャニーさんにいくつかテープを渡されてその中から「ずっと」という曲を選んだ。
「聞きたいな~!」
「いいけど。この曲は大事な曲なんだからね!」
生歌最高です!ますださいこうです!
「でもさ、他にも5本くらいテープあったのになんでこの曲を選んだの?」
「えっ!?何でブータンそのこと知ってるの?それ俺と手越しか知らないはずなのに。おまえ、手越だろ!手越こういうことするもんな~。」
「マイペースだし。この前俺がおいしい店連れてってあげたんだけど、その後手越とそのお店の前通ったら『この店おいしいんだ。今度連れてってあげるよ!』って。
俺が教えてあげたよねーみたいな。」
「違うよ~!」
「じゃあシゲ!?」
「シゲは今忙しいはずだよ!モニターつけてみなよ。」
スクリーンにトニーズブートキャンプしてるシゲが!
しかもトニーと同じ衣装。
「もうシゲなにやってんだよ。そんなことやってるなら早く助けに来てよ!」
シゲに電話をかけるマッスー。
シゲの着信音がアンパンマン!
シ「もしもし」
マ「シゲ、何やってんの?」
シ「トレーニングだよ。」
また「夏ばてだろ。」とか言われて相手にしてもらえず、切られてしまう。
時々シゲの糸巻き運動(前後で手をぐるぐる回す)がトニーと逆で、マッスーが「シゲ!反対!」って突っ込み入れてて面白かった!

「手越君でも加藤君でもないけど君のことはよく知ってるよ」
★小6の頃のマッスーの写真
お姉ちゃんに勝手に履歴書を送られた。
最初はキンキのバックとかで踊ってていつか自分もこんな風になりたい!って思ってた。
プレゾンの出演も決まって嬉しかったけどみんなについていくのに必死でたくさんダンスの練習をした。
★金八の頃の写真
ある日楽屋でみんなが明日金八のオーディションだね!って話をしてた。
自分はそのことを知らなかった。
ジャニーさんに、そんなこと言える立場じゃなかったけど勇気をだして「僕もオーディション行っていいですか?」って聞いたら「何で行かないんだよ!Youも行きな!」って言ってくれた。
撮影では長いシーンの途中で一言だけ自分のセリフがあったりするから間違えちゃいけないと思って緊張した!
金八に出たことで世界が広がったし良い刺激を受けた。
★大河ドラマの写真
金八の撮影が終わった後一人でNHKにリハーサルに行った。
スタジオの廊下で知らないおじさんに「君!待って!どこの子?」って言われてどこの事務所かとか何やってるかとかいろいろ聞かれた。
何日かしてマネージャーさんに「この間あったのは大河ドラマのプロデューサーだったんだよ。よかったな!お前大河決まったぞ!」って言われて。
★NEWSの写真
何年かしてNEWSになって、今までプレゾンとかで頑張ってきたからこそ今の自分がいるって気づいた。
「忘れてなかったんだね?」
「当たり前でしょ。」
「もうやってもらいたいこと全部終わっちゃったよ。」
「何でこんなに疲れるようなことさせたの?」
「じゃあ今まで何の苦労もせずにステージに上がったことあった?」
「ジュニアの頃ステージ狭くなったから明日来なくていいよって言われて次の日テレビ見たらジュニアがたくさん出てて悔しかったことあったでしょ。」

「ブータンなんでそのこと知ってるの?そんなこと知ってるの俺だけなのに。もしかしてブータン・・・俺?」
「そうだよ。」
「じゃあ行ってくるね。」
「何でそんなに外に出たかったの?」
「楽屋の外に大切な物があるから。」
スクリーンに客席が映る。
「何でぶたに入ったの?」
「似てるから。」ははは・・・なるほど。
楽屋のドアを開けて出て行くマッスー。
スクリーンに歓声の中、笑顔でドアを開けて本番に向かうマッスーが映ります。
いろんな曲が少しずつかかってアンコールの音声が。
マッスーが「アンコールありがとー!」と登場。
黄色いTシャツでハンバーガーの絵がプリントされています。
ここに出てこれるまで楽屋で大変なことがあったけど、無事にみんなの前に出てこれて嬉しい。

「夢の数だけ愛が生まれる」を歌う♪
やっぱり上手いな~。
癒されました。

★アンコール
「さっき出てったから終わったと思っちゃったでしょ?」
「あとまだ何回か残ってるんですけど頑張るんでみんなも応援してください!」最後は1~3階までお客さん一人一人の顔見て「見えてるよ!ありがとう~!」って良いながら手振ってくれて嬉しかった!
マッスーってセリフ言うときに客席見ながら言うから何回も目があった錯覚をおこしてしまいました。
ありがとう!マッスー!
楽しかったよ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://keichanai051.blog77.fc2.com/tb.php/172-7bfa09a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。